Under Construction...

This homepage is still new and under construction. More contents are to be followed...

Biography

旧西ドイツ・ハンブルグに生まれる。日本に帰国後、11歳のときに渡米。13歳でニューヨーク・マネス音楽大学プレパラトリー(高校部門)に入学、バイオリンをジヲン・キム氏に師事し、ベルリンフィルなどの指揮者ロナルド・ブラウンシュタイン氏の勧めで指揮を学ぶ。主席で修了後、マネス音楽大学バイオリン科に入学。同大学の属する総合大学で脳科学や量子力学ほか、仏独伊中韓5ヶ国語などを学び、数年ぶりの理学士課程修了者として卒業する。アイリーン・ダイアモンド、バーネット・ブリースキン、東京財団などの援助の下、ジュリアード音楽院修士課程バイオリン科でサリー・トーマス氏に師事。20119月よりニューヨーク州立大学ストーニーブルック校博士課程バイオリン科に特待生として迎えられ、フィリップ・セッツァー、スービン・キム、ハガイ・シャハム各氏に師事する。同州立大学と、マネス音楽大学では録音エンジニアも務める。また、バイオリンをアン・セッツァー、クラウス・ハーテル、ヨーセフ・リッシン、クシシトフ・ヴェグジン、ウィリアム・ヴァン・ダー・スルート各氏、指揮をスコット・ワイリー、ミリアム・バーンズ各氏に学ぶ。五嶋みどり、ヒョ・カング、アニー・カヴァフィアン、ジェームス・エネス、ライプツィヒ四重奏などほか多くの音楽家のマスタークラスに参加する。

 力強く感情に満ちた演奏で知られ、カーネギーホール、リンカーンセンター、スタインウェイホール、バークレイズセンター、イーストマンシアター、ラスベガス・ベネチア劇場、世界三大ホールのひとつボストンシンフォニーホールや、バッハが勤め埋葬されていることで有名なライプツィヒ聖トーマス教会などで演奏する。

 これまでに第5LISMA国際音楽祭(アメリカ)、第4回ライプツィヒ・メンデルスゾーン国際音楽祭(ドイツ)、オランダ国際音楽祭(オランダ)などに参加する。CWポスト音楽祭では指揮科参加者の中から抜擢されコンサートマスターも務めていた室内管弦楽団を指揮する。メドウマウント音楽祭ではジュリアードのサリー・トーマス氏、アン・セッツァー氏に学びながら助手としても生徒を受け持つ。

 ドイツ・フォイアーヴェルク国際音楽コンクール、ドイツ・プフォルツハイム国際音楽コンクール、第12回ブルガリア・青年国際音楽コンクールバイオリン部門、アイランド・シニア交響楽団コンクール、NSSOコンクール、プリマ・国際音楽コンクール、第4回と第5LIC国際音楽コンクール弦楽器部門で優勝。フィラデルフィアのNBS音楽コンクール・弦楽部門では金メダルを獲得し、その後、同NBS音楽・総合コンチェルトコンクールの優勝者として、ウェストチェスター大学交響楽団とサムエル・バーバー国際音楽祭でブラームスのバイオリン協奏曲を共演する。マンハッタン交響楽団との共演ではその様子がテレビ局でも放映され、また同交響楽団の中国演奏ツアーなどには自身の編曲した曲も演奏される。そのほかアイランド・シニア交響楽団などさまざまなオーケストラと共演する。20124月、大西洋上の事故現場で行われたタイタニック沈没事故100周年追悼式では、タイタニックのバイオリニスト兼バンドマスター、故ウォレス・ハートリー役として招かれその演奏の様子がCNNNBCなど多数の主要メディアで国際的に報道される。この実際の演奏がドイツでフィルム化され、発表後三日で世界2500万人以上に視聴される。ゲーム、キングダムハーツ、ファイナルファンタジーXIII-3、ファイナルファンタジーXV、ファイナルファンタジーXII Zodiac Ageなど他多数でコンサートマスター兼ソリストとして抜擢される。

 ポール・ルードフ賞、ヤングアーチストプライズ、オイスターベイ音楽議会賞、全米音楽優等生協会など十数の賞を受賞。ニューヨークでの9月11日連続テロ10周年コンサートでは、テロや東日本大震災の被害者などによって創立された風の環奨学金の初代受賞者に選ばれる。2012年には国際連合ほか中華人民共和国国務院文化部(日本の文化庁にあたる)主催のニューヨーク民謡音楽国際コンクールの審査員に招かれ、感謝状を授与される。2015年度にはボストン室内管弦楽団の日本ツアーのほか、ディズニー映画アラジンのジャスミン役などでもしられるレア・サロンガとのニューヨーク特別共演では好評を博す。同年駐ニューヨーク日本大使公邸で、ボクシングの世界王者でもありフィリピン議員のパッキャオ氏や、青色LEDでノーベル物理学賞を受賞した事でも知られる中村修二氏がAsia Game Changer Award受賞者として出席するアジア・ソサイエティのリセプションに特別ゲスト奏者として出演する。 

 LISMA国際音楽コンクール審査員。演奏の傍ら、ロングアイランド音楽大学教授として音楽家育成にも携わる。貸与されている現在の使用楽器はサリー・トーマス、アン・セッツァー両氏共同所有の1965年製ジョセッペ・ステファニーニ。自他ともに認める甘い物好き。チョコレートには目がない。

Winner of the 6th International Music Competition Mühlacker, Germany and 17th International Youth Music Competition, Bulgaria, Sho Omagari was born in Hamburg, Germany and made his first public appearance at the age 5. He is also a first place winner of numerous competitions worldwide including the 2012 International Music Competition Pforzheim in Germany, the 4th and 5th LISMA International Music Competition and others. He participated in the 4th International Summer Music Academy at the Mendelssohn University for Music and Theater (Leipzig, Germany), Holland International Music Sessions (the Netherlands), Meadowmount School of Music (New York) and the C.W. Post Music Festival (New York) at which he served as a concertmaster as well as a conductor. His awards include the Paul Rudoff Award, the North Shore Art Council Award, the North Shore Symphony Orchestra Artist Prize, the Oyster Bay Art Council Award, the MYO Scholarship and the LIC Scholarship. At New York’s 10 Year Anniversary Concert honoring 9/11, he became the first recipient of the Circle of Wind Music Scholarship Award, created in memory of the victims of the 9/11 incident and 3/11 Japan Quake. On April 2012, he was invited to perform at the Titanic’s 100th anniversary memorial ceremony over the Atlantic Ocean, which was broadcast on major Medias worldwide reaching to over 25 million people within three days. He has served as a member of the jury in the New York International Folk Music Competition, held by the United Nations and the Chinese Ministry of Culture.

 Hailed for his emotional and powerful playing, he has appeared in prestigious venues such as Carnegie Hall Stern Auditorium and Weill Recital Hall, Avery Fisher Hall of Lincoln Center, Steinway Hall, Barclays Center, Boston Symphony Hall, Venetian Theater, New York Town Hall, Eastman Theater, and St. Thomas church known for its hosting of J.S. Bach in Leipzig. His most recent activities include the collaboration with Olivier and Tony Awards winner Lea Salonga; solo appearances with the Manhattan Symphonie, Westchester University Philharmonic, Four Seasons Orchestra, and Shinshu University Chamber Orchestra; recital tour of Japan, and the concerts at the evacuation shelters in one of the worst stricken area of Japan Quake with the invitation of former Senior Vice-Minister of Foreign Affairs of Japan; masterclasses for the public schools around Tokyo, featured violinist by the invitation of the Ambassador of Japan at the Asian Society Award Ceremony given to the leading Asian professionals including Nobel Prize Winner in Physics, Shuji Nakamura, and world boxing champion as well as member of house of representative of Philippine, Manny Pacquiao. He was a concertmaster and a soloist in the soundtracks for Kingdom Hearts, Final Fantasy XIII-3, Final Fantasy XII Zodiac Age, Final Fantasy XV, and many others.

 He has studied with Sally Thomas, Ann Setzer, Klaus Hertel, Josef Rissin, Angel Stankov and Krzystztof Wegrzyn, and conducting with Miriam Burns and Scott Wiley. He has participated in master classes with the Leipzig Quartet, James Ehnes, Midori, Hyo Kang, Ani Kavafian, Grigory Kalinovsky, Erica Kiesewetter, Albert Markov, William van der Sloot, and Nacham Erlich. He was an only student in several years graduating with the Bachelor of Science degree from the Mannes College of Music in 2009 where he studied with Sally Thomas. With the generous support of Lilly Z. Foldes, Irene Diamond Graduate Fellowship, Barnett Breeskin, Tomoko Scholarship, and the Tokyo Foundation, he completed his Masters Degree at The Juilliard School. Currently he is pursuing his Doctoral degree with Hagai Shaham and Philip Setzer at the SUNY Stony Brook on full scholarship.

Services

Contact

Contact Form
* indicates required field